スポンサーリンク

神の詩 第五章十八節 2

その他
「真我を知る人々は、学識のある謙虚なバラモンも、牛も、象も、犬も、犬を食べる賎民も、同等に見る。(18)」続きです。これら五つの例で、この世界のすべての命ある存在、そしてすべての現象をも同時に象徴しています。真我を理解した境地では、これら相対的な実存から離れているために、サトヴァ、ラジャス、タマスの波動やそれらが混ざり合い織りなす様々な傾向に影響されることがありません。だから、あらゆる面から等しく見ることが出来ます。聖者は、普通の人のように「肉眼」で観ているようでいて、実は「智慧の眼」で観ているのです。ちなみに、ここで言うバラモンも賎民も、生まれつきの身分のことではありません。バラモンとは、清らかな心の人のことを指しています。続きます。精解 神の詩 聖典バガヴァッド・ギーター 5森井 啓二きれい・ねっと2022-09-09今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま(光の魂たち)

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました