スポンサーリンク

友達にならない方が良いケース

カウンセラー
Twitterにも投稿してあるのですが、認知機能が弱い方やアスペルガー症候群・自閉症 スペクトラム障害に該当する方の場合、  「この人と友達になった方が良いの?」  についてサッパリ判断できないことがあります。一般的な「友達(特に親友や恋人)」を 選ぶには 『「この人と友達になれるのか」を 簡単に判別できる方法 ①まず相手のジョークを聞く ほっこりすればOK イラっとすればNG ②言える人は自分から冗談を言ってみる そして相手の顔色を見る 同じ話をしても  喜ぶ人や 攻撃されたと感じる人もいる 相手がどう感じるかを 感じることが大切』 という段階を踏んでいきます。   相手の冗談にイラつくようでは、友達だけならまだマシですが、親友以上になると 無理があるのです。 ところが、上記のような苦手項目のある方にとっては、相手が出すサインを見落として しまうこともあって、 ①話をしていると続くのに、なぜか楽しいとは思えない。 ②冗談自体が苦手で、誰の話でもイラつく。 という傾向があることも多く、今目の前にいる相手に自分が好意を持っているのかどうかも 分かりにくくなります。  自分自身で発している

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました