スポンサーリンク

フェリチン(貯蔵鉄)不足 考

健康法
鉄分。以前にも書きましたが、、アメリカは1940年代の大統領令で小麦粉に鉄分添加を義務付けて市中に出荷している。パンやピザに含まれる鉄分は日本はアメリカの1/4しかない。  世界保健機関(WHO)によると、「鉄分で貧血防止ができている国」ランキングで堂々の1位がアメリカで、、日本はなんと54位。日本人はとにかく鉄分が足りない、と思った方が良い。更に問題なのは、、2015年時点で、、なんと62.40%食品において、鉄分含有量が減少していたこと。その為に、小麦に鉄分を添加しているアメリカですら、、1999年から2018年の間に、、「鉄欠乏性貧血患者」が増大していたという。それは米国人の食事スタイルの変化、、鉄分の多い牛肉の赤身肉の消費が減って、、豚肉はイーブン。鶏肉は増大した。添加していても足りなくなった米国。添加していないから余計不足しだした日本。と考えて良い。鉄分摂取で、、短期的にヘモグロビン値は改善しても、、フェリチン(貯蔵鉄)は半年から一年はかかる。継続していくことが大事です。特に、鉄欠乏性貧血になるのは、体内貯蔵鉄が「ゼロの状態」ですので、、鉄分摂取は地道な継続が必要です。血液検査でフェリチン値をチェックするのは大事ですね。ワタシの場合、、昨年の原因不明蕁麻疹の時にフェリチン欠乏が出ていた感じです。鉄分を一日100mg以上(27mg×4回)摂りだして、、大体2ヵ月で

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました