スポンサーリンク

グルコキナーゼ活性化薬[8完] 今後の予測

健康法
グルコキナーゼは監視塔

グルコキナーゼとは,主に肝臓と膵臓に発現する酵素です.人体が高血糖状態の時,肝臓においては糖を素早く取り込んでどんどんグリコーゲンに変換していきます.そして膵臓ではβ細胞からのインスリン分泌を促進します.結果として血糖値は下がるので,低血糖状態に近づくと,肝臓のグルコキナーゼは自身の構造を休止状態(=Super-Open型)に変化させて,糖取り込みを停止します.



この動作から分かる通り,グルコキナーゼは 人体が 今高血糖なのか/低血糖なのかを常に監視している重要なセンサーなのです. なので,グルコキナーゼの動作がおかしくなると,高血糖なのにインスリンが全く分泌されなかったり,あるいは遅れて分泌される,つまり自動車でいえば目盛りがズレた速度計のようになってしまいます.

(C) 旅人0715 さん

糖尿病の解説資料などには『糖尿病ではインスリン分泌が少なくなる,あるいはインスリン分泌が遅延する』などと書かれています. しかし 本当にインスリン分泌そのものが障害されているのであれば,このような症例は説明不可能です. 膵臓に十分なインスリン分泌能力はあるにもかかわらず,高血糖になってもインスリンが分泌されていないからです.

第65回 日本糖尿病学会 P-94-5

そこで 従来 『インスリン分泌遅延』又は『インスリン分泌減弱』と言

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました