スポンサーリンク

蜂蜜健康法という考え方

健康法
そもそもは、、何故「治るのか」という問い。細胞はどんどん入れ替わっている、、という話で、、つまりスクラップ&ビルドを繰り返している。破骨細胞があれば骨芽細胞がある。生きた人は縫合するとくっつくが、死んだ肉を縫合してもくっつかない。生きている細胞とは何か?で、、、細胞の再生力の低下が、、つまり「治らない」「慢性化」だな、、と、、それを「ヒーリングで」とは言わない(笑)それはヒトをバカの位置に貶めてしまう。他律依存で、、それはカルトです。ヒトは、、この世に人の肉体を持って生きているんで、、「何故なのか?」という、その問いと理解は大事だと思うんですね。で、、細胞のエネルギーって、、解糖系。糖代謝は、解糖系とTCA回路。ここを起動させたら良いのでは??と、、それで色々調べている過程で、、果糖(フルクトース)とブドウ糖(グルコース)と各種ビタミンとミネラルを含む蜂蜜が良いだろう、、と、、これを試してみることにした。幸い、昔iherbで購入して1/4残っていたローハニーあったので、、ティースプーンを一日に5~6杯からスタート。朝・昼・三時・夕方・夜・寝る前の6回。その時に、、残っていた疾患は、、変形性膝関節症の「残り」。炎症は触った感じ見た感じほぼ無い。腫れも無い。ただ、膝周りの肉質の硬さとダルさですね。抜けきらない残滓です。慢性化と言えば当てはまるのかな、、と、、それが、蜂蜜始めてか

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました