スポンサーリンク

「女の子の日がこない」とな?(^^ )

内科医
「あら? 女の子の日」と言う表現もあるんだね。うん!(^^)「Princess Day」とも言われるらしいんだけど、さ。基本、漢方を入れて診察していると生理は大切なので普通に聞きますよね。「生理周期」や「生理期間」が大切ですから。「当帰」という薬草があるんだけど…この当帰が入っている処方は…下腹部が軟弱で生理が遅い、生理が短い。そんなことを考えて漢方処方を決めています。補中益気湯にも当帰が入っています。これは生理が弱くなって落ちていることを意味しているんだよな。加味帰脾湯でも十全大補湯でも同じだよなぁ……これを処方している人が生理を気にしているのか?は疑問なんだけど、さ。大学での産婦人科の最初の講義。「2つ覚えておけ!」と。一つは「女性は波動する」次は「女性を診たら妊娠と思え」てな…感じ。男女均等は良いんだけど…役割が違うんだよね。男は目標に向かって一直線だし、女は日々を生きる力が強い。恩師の鍼灸師の先生が話していたけど…男女均等とか言っているけど…女性の肩幅は男性の肩幅より狭いでしょ?これからすれば…女性を抱きしめるのは男性の役目なんだよね。でもさ…「女の子の日」という表現に感動したなぁ。お母さんと一緒に笑ってしまって…このような記事を書いたりしました。「生理」でも「女の子の日」でも良いんだよね。d(^-^)ネ!PS:Habitを耳コピで引いているよみぃ君です。   「

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました