スポンサーリンク

一触即発な1日。

医療機関
医療依存度を、目の前の症状だけで増やす傾向を危惧する。
今日も退院予定の新患さんの状況を聴いてるだけで、もう大変だ。
医療依存度はコントロールできる。暮らしを想像できるのなら。
 
 
医療依存度が増えると在宅医療が捻じ曲がる。
 
なぜか?って、そりゃあ、まあ、残念やけど、、、、
医療の量を増やすほうが、儲かる仕組みだからだ。
 
研修医が訊いてきた。
 
肺がんのターミナルの方の訪問の後。
 
点滴を絞って、喀痰量が減って、
医療がほとんど無いようにすると、
最期の時間を過ごしやすくするのを
目の当たりにしました。
 
病院なら、1日に点滴を何本も入れている。
2時間おきぐらいに、看護師さんが訪室して、吸引をしていく。
 
なんでこんな風になっちゃうんでしょう?
 
点滴があって、唾液が増えて、誤嚥して、
痰が増えて、吸引も増えて、そして、患者さんも苦しそうで、、、
 
家では普通に、訪問入浴サービスとか訪問看護さんとか来てくれて、
お風呂も入れて、お体がキレイなのに、病院の患者さんとか、
在宅患者さんでも医療の多い人は、点滴とかいろいろあって、
入浴は普通じゃなくなってて、、、、お体もキレイじゃないし、、、
苦しそうにも見えるし、、
 
医療を闇雲に増やすのって、あ

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました