スポンサーリンク

喜びから人生を生きる!~臨死体験が教えてくれたこと

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

アニータ・ムアジャーニ著 『喜びから人生を生きる! 臨死体験が教えてくれたこと』。アニータは、2002年から4年にわたる癌(悪性リンパ腫)との闘いで、多臓器不全から昏睡状態におちいりました。医療チームが死を確信する絶望的な状況の中、彼女は臨死体験を通して無条件の愛によるすばらしいヒーリングを体験し、元の身体に戻り、その後癌は急速に治癒しました。
彼女は、自身の臨死体験の体験やメッセージを通して、今も多くの人に生きる勇気と希望を与えています。本の冒頭でも、臨死体験が癒しに必要なわけではなく、彼女の願いは「あなたが宇宙の中心に自分の居場所を見つけられること」、「人生に日々喜びを見つけられるようになること」、「自分の人生を愛せるようなること」だと述べています。
 
(以下本書より抜粋)
ただ存在するだけで、愛される価値があるのです。
必要だったのは、ただありのままの自分でいること。
自分の本当の姿である”愛”でいれば、自分も他人も癒せるのです。
 
第15章 私が癌にかかった理由、そしてなぜ癒されたか より
「なぜ私が癌にかかったと思うか」という質問への答えを一つの言葉にまとめれば、”恐れ”ということになるでしょう。では、私は何を恐れていたのでしょうか?何もかもすべてです。たとえば、失敗するこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました