スポンサーリンク

再就職して給与所得者になった時の小規模企業共済の扱いは?

内科医
おはようございます。
小規模企業共済の加入条件について、当ブログの読者の同業の先生から以下のご質問をいただきました。 
ちゅり男さん 初めまして。
資産形成を意識するようになり、ちゅり男さんのブログにたどりつきました。
大変勉強になる情報をありがとうございます。
当方40代の勤務医で、ネット事業を数年前から行っております。
ネット事業は年150万円程の収益があり、この度節税のため個人事業主または合同会社による開業を考えております。
個人事業主の方が敷居が低いようなのでまずは個人事業主でスタートする方に傾いております。
医業の方も今後の働き方を検討中で、週20時間以上勤務することで社会保険を受けるか、20時間未満としてフリーランスの形にして自分で社会保険を賄うか考えているところです。
資産形成や節税のためには小規模企業共済に加入することがかなりメリットがあるので、できれば加入したいと考えています。
常勤医では小規模企業共済の加入要件を満たさないようなので、加入するとしたらフリーランスの形をとるしかないのかなと思います。
前置きが長くなりましたが、お聞かせいただきたい事柄は小規模企業共済についてです。
ちゅり男さんは大学院生時に小規模企業共済に加入されたと伺いました。
その後、大学院から勤務医に移られた際の小規模企業共済の継続についてはどのような扱いになるのでしょうか。
大学院の時に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました