スポンサーリンク

その風は神風ではない。実力だ。さあ僕らもザイタクの風を吹かそう。

医療機関
僕たちはまだこんなところでは終われねえ。
 
お看取り前後の深夜2時ころ、必ずと言っていいほど目が覚める。
どの旅立ちにも、『死の壁』なるものが存在し、だいたいいつもその時刻。
その壁を越える時にこそ、医師の人間力が一番必要とされる。
この15年の在宅医療のお看取りに関わって、習得したことだ。
だから、お看取りの後は必ずといって、その時間に目が覚める。
お看取りがまだ終わっていない錯覚があって、目が覚める。
リカバリーが上手くできてない時ほど、その時間の不安に苦しむ。
 
 
どの旅立ちも、素晴らしい。
その一方で、身を削って、心を削って、向き合う自分は、
どうしてもその後にリバウンドする。
 
 
昨日の旅立ちも、本当に素晴らしかった。
娘さんとご主人がご本人の手を握る中、息を引き取られた。
その寝顔は、穏やかな優しいお顔。いつもどおりの平穏死。
こんな素敵なザイタク介護やザイタク看取りに、
いつもどおり祖父母と母の最期を重ねて見ている自分がいる。
 
 
そんないつもどおりの深夜2時。
僕にも神風が吹かないかあって、苦しんでたら、
見ないつもりでいた対スペイン戦が深夜4時から始まった。
前半、スペインの攻撃を耐え凌ぐ日本代表の応援に力が入る。
ベッドのお布団に潜りながら、スマホで観戦。
後半、逆転!!!な

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました