スポンサーリンク

久しぶりの「吉祥開運日」!

健康法
 今日は「12月最初の開運日」です。「吉祥開運日」というのは、「世界中のすべての人」が、開運の可能性がある日なのですが、実は、全ての人が良くなりません。本当に、「今日は開運日」なのに、人はそれぞれですが、今日が「良い日になる方」や「悪い日になる方」がおられます。 いったい「この運命(運気)の差」は、何が原因なのでしょうか? それは「今日は、開運日なんだ!」とただただ単純に信じる事に「鍵」があります。「開運」とは、あなたがプラスに信じる事で「開運の扉」が開きやすくなる日であり、あなたが疑心安儀であると「今日は何も起こらない普通の日」にもなります。その人、その人の運気は、「環境(風水)」や「その日の気の流れや気分」も重要ですが、「今日は良い事が起きるぞ!」と思う、シンプルな想いこそが、「とっても重要」なのです。 「信じる」とは、うまくあなたの潜在意識に「その日その時の情報」をインプット(刻印)する事です。だから心配や不安ばかりをしていたら、いつもあなたの潜在意識は、マイナスな事(心配や不安)ばかりが入って行って、マイナスな事が潜在意識の中に刻印されてしまいます。だから今後、あなたが生きていくうえで重要な事は、「良い事はシンプルに信じて」いって、「悪い事はスルーしてししまう様な柔軟な姿勢」が必要です。 本日から16日間、「天一神(方角の神様 )」が、天に昇って行き、「どの方角に行っても祟

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました