スポンサーリンク

永遠の生命を手に入れる方法₋医療と祈りをつなぐもの‐

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

統合医療「クリニック徳」院長であり、ウィスコンシン医科大学教授である高橋徳先生著、『永遠の生命を手に入れる方法ー医療と祈りをつなぐもの』
高橋先生が長年研究されているテーマは「オキシトシンの生理作用」です。オキシトシンは『愛情ホルモン』や『幸せホルモン』とも呼ばれる神経ホルモンの一つで、脳内の視床下部で生成されます。オキシトシンは「思いやり」や「信頼」などの感情を促し、人間関係を築くのに重要な役割を果たしています。
高橋先生の研究結果では、愛と思いやりを生み出す生物学的な要因がオキシトシンである可能性が示されています。「他人を慈しむ、思いやる」という感情がオキシトシンを刺激するのです。
本書では、古来の宗教の概念や修行形態、輪廻転生(魂の進化)などについて、オキシトシンの生理作用から解説が加えられています。また、見えない世界と量子力学についても取り上げられていて、エネルギー医学や波動医学についても解説されています。これまで医学界ではほとんど論じられることのない領域を科学的・医学的なアプローチで捉えた画期的な一冊と言えるでしょう。
 
他人への思いやりや利他的な行動、親子や男女間の愛、人間同士の信頼関係はオキシトシンの分泌を高め、不安やストレスを軽減し、自然治癒力を高めてくれます。オキシトシンは私た

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました