スポンサーリンク

肝臓がんに対するカテーテル治療に必要な素質

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさんこんにちは!2代目ガンちゃん先生です肝臓がんに対するカテーテル治療肝動脈塞栓術、岩本内科では門脈動脈同時塞栓療法カテーテル留置術肝動注化学療法岩本内科ではNew FP療法これらのカテーテルを使った治療というのは高い技術を必要としますまた、知識と経験、センスも必要ですあと、進行した癌を治療するということは、患者さまの命を背負う覚悟、治療して治してあげたいという思いあきらめない根性リスクを背負って治療する勇気こうやって書きますと・・・・いろいろな要素がカテーテル治療というか、癌の治療には必要です先日治療させていただいた肝臓がんの患者さまこの方も前医で治療不能関西地方からご来院ですカテーテル留置を行い、New FP療法を行いながら、今回は、薬の分布が足りない箇所に選択的に門脈動脈同時塞栓療法を行いました肝臓の右下に飛び出ている肝臓がんを認め、今にも破裂しそうです破裂するとおなかの中で出血しますので一気に、命に関わる可能性がある状態です血管造影で評価しますと、この肝臓の右下に突出した癌は肝動脈から栄養されていません胃の動脈の枝(右胃大網動脈)がこの癌を栄養していましたカテーテルを丁寧に操作し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました