スポンサーリンク

日本に住みながら経済力を維持するには「副業」と「外国への投資」が鍵

内科医
おはようございます。
今後、日本に住みながら経済力を維持するには、「副業」と「外国への投資」が欠かせません。
また、これからはより流動的な世の中になりますので、刻一刻と変わっていく状況に対して臨機応変に対応できる能力が求められます。
同じものにずっとしがみついていると、知らない間に時代遅れになっている可能性もありますので、注意が必要ですね。
 
日本に住みながら経済力を維持するには、「副業」と「外国への投資」
高度経済成長期の日本のように、
・土地付きの一軒家を購入すれば、住宅ローンを返済し終わる頃には資産価値が倍増
 →マイホーム購入こそが最高のインフレヘッジになる 
・物価も上昇するが、それ以上に給与水準が右肩上がりに伸び続ける
・人口増加社会で、今後も国全体の経済成長が大きく期待できる
という条件がそろっていれば、投資先としてわざわざ外国に目を向ける必要はありません。
 
外国に目を向けるよりも、日本の成長性に素直に乗っかっておく方がはるかに簡単で成功率も高いからです。
ですから、当時の日本においては、
・1つの会社のために定年まで勤め上げる
・結婚したら早めに土地付きの一軒家を購入する
・退職後は、社会保障制度に守られながら年金生活を満喫する
といった決められたルートをなぞることが、大半の人にとって最適解だったわけです。
 
日本の将来性を考えると、日本だけに目を向け続け

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました