スポンサーリンク

小児科医とラリンゲアルマスク。i-gelを使ってみた。

私はインストラクターですので、新生児蘇生法講習会の講義をしています。
講義の中で、ラリンゲアルマスクに関してスライド1枚分の説明をしています。
さらりと説明していますが、実は私はラリンゲアルマスクを実際に使用したことがない小児科医です。
今日は、ラリンゲアルマスクについて書きます。
新生児蘇生とラリンゲアルマスク
新生児蘇生法テキストにもラリンゲアルマスクについての記載があります。
34週を超える早産児や正期産時の蘇生においては、フェイスマスクでの換気がうまくいかなければ、ラリンゲアルマスクエアウェイ(LMA)を気管挿管に代わる手段として考慮できる。
また34週を超える早産児や正期産時の蘇生において、フェイスマスクでの換気がうまくいかず、気管挿管も困難な状況で、LMAが気道確保に有用な場合がある。特に児に小顎症や巨舌などがある場合には、そのような状況に陥る可能性を考慮する。
新生児蘇生法テキスト 第3版 p109
私の経験でも、確かにピエールロバン症候群やダウン症の子どもに気管挿管をするのはなかなか難しいです。
困ったことに、そういう子どもほど、迅速に気道確保しなければなりません。
ラリンゲアルマスクがそういう挿管困難例で有効であるなら、ぜひ使ってみたいという気持ちは以前からありました。
ラリンゲアルマスクに対する不安
ですが、「すぐにラリンゲアルマスクを導入しよう!」とは思いま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました