スポンサーリンク

「半夏厚朴湯」単体では…他の症状が悪化することが多い。

内科医
この漢方処方:半夏厚朴湯これってストレスから来る喉の痞えが主症なんだけど…身体の診察なく病名や主訴投与で行っている医師が多い。この漢方薬…危ない一面があるんだけど分かるかな???半夏厚朴湯の組成を見てみましょ…半夏6.0;茯苓5.0;生姜4.0;厚朴3.0;蘇葉2.0この薬草組成が分からなかったら使うべきではないとは思う。気剤としての薬草は半夏(胃)と厚朴(喉)を使っていて…基本的に胃が悪い人の漢方薬ですよね。後の薬草を見てみましょう。茯苓:水を体外に出すことを主眼としている薬草生姜:胃や小腸当たりを温める薬草としての生姜の乾燥した薬草で水を外に出します。蘇葉:紫蘇の葉で…気の流通を良くする薬草、主に胃と喉元の気の流れを良くする意味合い。と、すれば…この半夏厚朴湯の人の胃は胃弱です。心窩部にポチャポチャとした胃内停水が認められるはずです。この胃弱という観念がなければ…喉元の痞えは取れる反面、胃が悪くなります。一人の患者さんには心療内科で出されている半夏厚朴湯を飲まないように指示しました。単に神経不安や喉のつかえだけで使うことで半夏厚朴湯を使うのは危険。漢方医学では現代医学の病名投与は成り立ちません。漢方専門と称して予約診療をしている医師の場合にも同じなんですよね。胃熱があるのに「なぜ五苓散?」 胃熱が判定できないんだよね。黄連剤が必要なのに…一般の人達は専門性で医師を選ぶからプラセ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました