スポンサーリンク

形成外科診療ガイドライン2【皮膚科医のオススメ教科書⑮】

その他ドクター
 
皮膚科医のオススメ教科書シリーズ。
今回は形成外科のガイドラインを紹介する。
形成外科診療ガイドラインは1~7まで出ていて、皮膚科と関連しそうなのは1~3。
 
皮膚疾患
急性創傷/瘢痕ケロイド
慢性創傷
頭蓋顎顔面疾患(先天性) 口唇裂、口蓋裂
頭蓋顎顔面疾患(後天性) 顔面骨骨折
頭頸部・顔面疾患 頭頸部再建、眼瞼下垂
体幹・四肢疾患 四肢先天異常
 
3は静脈うっ滞性潰瘍や糖尿病性潰瘍などの「慢性創傷」で、皮膚科の「創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン」にも記載があるため、そちらでも対応はできる。

創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン
 
しかし2の「急性創傷/瘢痕ケロイド」もとても重要な内容だが、皮膚科のガイドラインには記載がない。

形成外科診療ガイドライン2 急性創傷/瘢痕ケロイド 急性創傷/感染創/ケロイド・肥厚性瘢痕
 
内容は急性創傷、感染創、ケロイド・肥厚性瘢痕の3本立て。おまけで陥入爪・巻き爪も入っている。
これらは皮膚科診療の中でも遭遇する頻度は高い。
縫合のゴールデンタイム、予防的抗菌薬、汚染創の一期的縫合などは、一度ガイドラインで知識を整理しておいた方がよいと思う。
形成外科診療ガイドライン2の内容の一部を簡単に紹介する。
 
▼前回の記事▼
外傷処置・小手技の技&Tips【皮膚科医のオススメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました