スポンサーリンク

株式投資をしなくてはという強迫観念に駆られるのはやめよう

内科医
おはようございます。
投資というのは不思議なもので、肩の力を抜いて気楽に相場とお付き合いしている方が好成績をおさめることがよくあります。
逆に、長時間かけてあれこれ考えを巡らせて、自分なりに確信を持って起こした投資判断が実は完全な過ちであったということもよくあることです。
労力をかけて、しかも結果が伴わなかった時の落胆は非常に大きいですね。
「投資は余剰資金で」とよく言われますが、これは投資において精神的にリラックスした状態で相場に臨むことの重要性を示しています。
 
株式投資をしなくてはという強迫観念に駆られるのはやめよう
「投資を一刻も早く開始して、今までの遅れを取り戻さなくては!」という半ば強迫観念に近い焦りを感じさせる方を時々見受けますが、あまり良い結果を生まない可能性が高いです。
投資は将来の生活の安定化のために有効な手段の1つだとは思いますが、仮に投資をしなくても目の前の生活は何一つ変わりません。
焦りは禁物です。
 
投資ブログやTwitterの住人を当たり前だと思わない
投資ブログやTwitterのタイムラインを日常的に読んでいると、投資や節約術に力を入れている方が多く、これが世の中のスタンダードなのかと勘違いしがちです。
私自身投資ブログを運営していてこのようなことを言うのは問題かもしれませんが、投資ブログやTwitter界隈の人たちは「まだまだ特殊な世界の住人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました