スポンサーリンク

市場が悲観的な時はドルコスト平均法の積立を開始するのに良い時期

内科医
おはようございます。
2017年は1年間を通じて株価が右肩上がりで、暴落らしい暴落がほとんどない一年でした。
ところが、長年株式投資をやっていますと、2017年のように恵まれた1年というのはむしろ例外的であることが分かります。
実際、2017年とは打って変わり、2018年は乱高下の激しい相場となっていますね。
近年は、年に1-2度調整局面があったとしても、年始と比較すれば株価は上昇しているというケースが大半でしたので、1年近くに渡って伸び悩むという相場は久しぶりのような気がします。
今年に入ってから投資を始めた方は、プラスマイナスゼロか損をしているという人が多そうです。
市場が悲観的な時はドルコスト平均法の積立を開始するのに良い時期
株価以上に人間心理は揺らぎやすいことを知る
ニュースやSNSを見ていると、株価が上昇すれば楽観論が強くなり、株価が下落すれば悲観論が強くなります。
これは、株価の一過性の値動きが長期投資においてはさほど重要ではないにも関わらず、人間心理は株価と同等かそれ以上に揺らぎやすいものであることを示しています。
しかし、必ずしもニュースやSNSの大勢の見方通りに株価が動くわけではなく、結局はニュースなどあてにならないことがよく分かります。
ニュースや経済誌で経済の専門家たちが株価予測、為替予測をするわけですが、こちらに関しても当たれば「的中した!」ともてはやさ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました