スポンサーリンク

【銭谷欽治】バドミントン協会がスポーツ仲裁機構から異例の離脱 機構側も困惑「極めて遺憾」

健康法
いや衝撃的な鎖国体質、、、なんと「第三者機関」から離脱する、、ガバナンスの無視。これはバドミントン協会(銭谷欽治専務理事)が100%ダメでしょう。国内のスポーツに関する紛争を解決する機関である日本スポーツ仲裁機構は1日、日本バドミントン協会が、同機構の判断に団体が従わなければいけないとする「自動応諾条項」から離脱したことを明らかにした。 これにより、競技者等からのあらゆる不服申し立てに対して、仲裁機構が出した判断に団体側が必ず従う義務はなくなるが、スポーツ庁が推進している「ガバナンスコード」に逆行するともいえる措置で、極めて異例の事態。仲裁機構の山本和彦代表理事は「自動応諾条項をいったん定めた団体が撤回した事例は承知していない。当機構の申し立てに対して、従来の自動応諾状況を撤回することは極めて遺憾と言わざるを得ない」と困惑気味に語った。 仲裁機構によれば、競技を統轄する中央団体が「自動応諾条項」から離脱した例は過去に1件あるものの、すでに復帰している。日本オリンピック委員会(JOC)の加盟団体、準加盟団体、承認団体の66団体のうち60団体は同条項を採用しており、正加盟団体である日本バドミントン協会が離脱するのは極めて異例の事態だ。 バドミントン協会をめぐっては、昨年新設された実業団チームの丸杉BluvicのS/Jリーグ加盟を認めなかったことから、日本スポーツ仲裁機構が今年4月、協会

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました