スポンサーリンク

【トリック図解】ミステリーネタバレ感想「姑獲鳥の夏」京極夏彦

その他ドクター
 ミステリーベスト10のネタバレ感想シリーズ。今回は京極夏彦のデビュー作「姑獲鳥の夏」。 文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫) ▼ミステリーベスト10はこちら▼【100冊から選んだ最高傑作】絶対読むべきおすすめミステリーランキング10 前置きやミステリーへの思いは前回(>>皮膚科医のミステリー遍歴)書いたので、早速おすすめのミステリー小説ベスト10を紹介する。いずれも名作である。 おすすめミステリーベスト10(2018) 1位 首無の如...www.hihukai.net2018.03.26目次姑獲鳥の夏のあらすじ姑獲鳥の夏のネタバレ解説①ウンチク②見えないものが見える探偵③精神を病んだ主人公姑獲鳥の夏のあらすじ あらすじ小説家である関口巽は、久遠寺医院の娘にまつわる奇怪な噂を耳にする。娘は妊娠20か月たっても出産する気配がなく、その夫は一年半前に密室から失踪したという。関口は失踪した夫・牧朗の捜索のため探偵の榎木津礼二郎と共に久遠寺医院へと足を踏み入れる。そこで待ち受けていたものは―― 20か月妊娠している妊婦など、何やら怪しげな雰囲気である。さらに一癖も二癖もある登場人物たち。 中禅寺 秋彦:古本屋を営む陰陽師。あだ名は「京極堂」。関口 巽:精神を病んだ小説家。ワトソン的役割。榎木津 礼二郎:人の記憶が映像として見える

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました