スポンサーリンク

ハンドヒーリングによる潰瘍性大腸炎の改善!

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患であり、国の難病に指定されています。人口10万人あたり100人程度にみられます。特徴的な症状としては、下痢(便が軟らかくなって、回数が増えること)や血便が認められます。痙攣性または持続的な腹痛を伴うこともあります。重症になると、発熱、体重減少、貧血などの全身の症状が起こります。また、腸管以外の合併症として、皮膚の症状、関節や眼の症状が出現することもあります。病変は直腸から連続的に、そして上行性(口側)に広がる性質があり、最大で直腸から結腸全体に拡がります。
潰瘍性大腸炎は家族内での発症も認められており、何らかの遺伝的因子が関与していると考えられています。
治療は、原則的に薬による内科的治療が行われます。しかし、重症の場合や薬物療法が効かない場合には手術が必要となります。多くの患者さんでは症状の改善や消失(寛解)が認められますが、再発する場合も多く、寛解を維持するために継続的な内科治療が必要です。
(難病情報センターHPより抜粋・要約)
 
現代医学では、”難病”とされている潰瘍性大腸炎ですが、マインドパワー(ハンドヒーリング)によって、改善・治癒なさっている方は多くおられます。今日は、潰瘍性大腸炎の改善・治癒例をご紹介

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました