スポンサーリンク

そもそも、コレができなかった。

その他
“乳がん”という病は、様々な禍根を残すおっぱいを失い、治療の副作用に翻弄され、その体調不良は長く続く治療によっては髪が抜け、爪も変色味覚障害に陥れば、食欲もなくなるそこに腋窩リンパ節郭清が加われば、  ○重い物は持てない・持ってはいけない  ○腕を締めつける服装は避ける  ○腕を締めつけるようなアクセサリーも避ける  ○採血・血圧測定は術側の腕ではしない  ○虫刺されに気をつける  ○過度な日焼けをしないように  ○土いじりはゴム手袋をする  ○清潔に保つ  ○保湿をする...など、一生注意しなければならないことが増えるいや、それより、なにより、腕が動かない、挙げられない、力が入らない術後は、腕が90度も上がらない主治医が術後のリハビリ書に、『挙上障害』と、書いていた意味がわかった“90度しか上がらない腕”というのは、“わきが開かない”からなので、この格好ができなかった    ⇩これができるようになったのは、術後3~4...いや、5年か...実は今でも、“普通”にはできないおっぱいが引っ張られる感覚や痛み、わきの下のつっぱり感がある手術をする前と同じには、きっと戻れないのだと思うそれでもここまでできるようになったのは、おそらく毎日、腕のストレッチを続けていたからだと思うそして、今でもできないことがあるそれは“ひじをつく”こと腋窩リンパ節郭清で感覚のなくなった場所は、  ○わきの下 

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました