スポンサーリンク

『死』から学ぶ。

医療機関
医師になってすぐの8月。五山の送り火の日。彼は、一人 部屋で死んでいた。   研修医の過労死事件として、今も記憶に残っている方もおられるだろう。 元カノの父親の突然『死』の次に、衝撃を受けた同級生の突然の『死』だった。 20代前半で身近に感じた2人の『死』 人としての本当の優しさや間違ったことをした時の謝罪はどうあるべきか、 これを教えていただいた『死』だった。  その当時の僕は、人に優しくなく、頭を下げられない人間だった。 今もなお、そんな自分が時々顔を出す。 成長できていない僕ではあるのだが、彼らの『死』を、決して忘れることなく、日々自分を戒め、前に進んでいきたい。 そして、 まだもう少しあるであろう自分の人生において、残念なことに、これからきっと幾人かの大切な人の『死』に向き合わなければいけないだろう。 その方々の『死』を大切に、大切に、忘れることなく、多くを感じ、多くを学びたい。  今日は、長渕 剛 の曲です。昭和が終わった時、何度も聴き、夜明けを待ったのを思い出しました。吹き荒ぶ強く冷たい風に抱かれてこようと思います。今日はお許しを。良かったら聴いてください。 [youtube https://www.youtub

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました