スポンサーリンク

命の理由。人の「成長」を大きな目で見てあげよう!

健康法
 最近の会社やお店では、新人さんが「初歩的なミス」をしても、あまり怒られないそうです。何故なら、新人さんが、すぐに落ち込んでしまい、急に「会社やお店を辞められたら困る」ので、上司は「ドンマイドンマイ」と励ましてくれるそうです。 本当に時代は、今は昔とは全く違った、「はっきりと注意できない時代」に変わってしまいました。 ホウホウも昔は、自分の子供達を甘やかし過ぎて育てた為、最近は、「少し後悔」をしております。今さら、心を「鬼」にするのは、本当に辛いものですが、今は、彼女らの「これからの将来」を思い、更に良くなって欲しい事を思い、心の奥底から勇気を出して「少しは言ってあげております。」・・ 皆さんは、自分が「鬼」になることはありますか? もう今の時代、「人に怒られた経験」や「親に怒られた経験」などが、ほぼない方が多すぎて、その人達に注意をしたり、言ったりすると、「逆切れ」をされてしまう事があります。 「自分が悪者になる」のは、辛いと思いますが、その人の事を思ってあげるのなら、「勇気を出して怒ってあげる事」も絶対に必要です。自分の子供も、他人の子供でも、部下も友人も「ひとつの魂」であり、「私達も魂」です。 そしてその魂達にも、「この世に生まれて来た理由」が何かあるはずです!一時的にでも、自分が悪者になることで、「その人の魂」がやっと気づいてくれることがあります。[youtube http

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました