スポンサーリンク

神の詩 第5章八・九節 3

その他
神の詩 第5章八・九節 3「真我に意識を集中した聖者は、見たり、聞いたり、触れたり、嘆いだり、食べたり、動いたり、眠ったり、呼吸したり、話したり、排池したり、つかんだり、目を開閉したりしていても、「私は何もしていない。感覚がその対象に働いているにすぎない。」と考える。(八、九)」続きです。真我に近づいていく段階から、感応する意識が高くなり、美に対する感覚が繊細に精妙になっていくことが自覚されます。それは、自分の中に在るより高いレベルの意識が働くようになるからです。例えば、道端に咲く小さな花に対しても、意識が低い状態であれば、無視したり、踏みつけたり、花を摘んだりするでしょう。でも、意識が高くなって、美に対する感覚が精妙になっていくと、その花の持つ真の美しさを引き出していくことが出来るようになります。「逢花打花、逢月打月」(花に逢えば花を打つ、月に逢えば月を打つ)という言葉があります。打つ(たす)とは、左右の両手を打つように、ぴたりと合わさる様を言います。花を観たら花とぴったり合わさる、月を観たら月とぴったり合わさる。つまり花に逢った時には、何も頭で考えることなく、花と自分の深い意識を合わせてみることを表しています。花を見る時には、名前も名前の由来も、花の形も、雄しべの数も、植物に含まれる成分も、頭で考える必要はありません。それらは人間の都合で名称を付けただけのこと。まずは、その花の

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました