スポンサーリンク

大気汚染への暴露は、短時間でもコロナ感染リスク上昇の可能性

健康法
何か三周遅れた記事にしか見えない、、、汚染された空気にさらされていると、新型コロナウイルスに感染しやすくなる可能性があるという研究が、 2022年4月20日に米国医師会雑誌(JAMA)のオープン・アクセス・ジャーナル「JAMA ネットワーク・オープン」で発表された。 新型コロナウイルスの感染拡大において、空気の質が果たす役割と、汚染が招く広範囲の健康被害を明らかにした研究が、またひとつ増えたかたちだ。 自動車などの排気ガスに含まれる大気汚染物質への暴露と、若年成人層のほうが新型コロナウイルスの陽性反応が出やすいことのあいだに関連性があることが、 スウェーデンで行われた研究で明らかになった。研究対象となったのは、2020年5月から2021年3月までのあいだにPCR検査で陽性反応が出た425人だ。 この研究では、窒素酸化物、黒色炭素、粒子径が10マイクロメートル以下の粒子状物質(PM10)、粒子径が2.5マイクロメートル以下の粒子状物質(PM2.5)という、4種の汚染物質を取り上げた。 そして、参加者の居住地をもとに、これら4種の汚染物質にさらされたと推定した。 データ源は、1994年から1996年のあいだにストックホルムで生まれ、長期にわたってモニタリングされた4000人以上のコホートだ。 その結果、PCR検査を受ける直前の2日間にPM10およびPM2.

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました