スポンサーリンク

105歳。子供の代わりに木を育てている女性

その他
Saalumarada Thimmakkaさん。彼女は現在106歳。
若いころに結婚して
子供が授かることが出来ませんでした。
インドの田舎の村では
子供が出来ない女性に対する風当たりは
とても強いものでした。

彼女はそんな偏見にもめげずに子供の代わりに樹木を子供のように大切に育て続けてきました。
 
mymodernmet.com

彼女は、
今から半世紀以上前に
旦那さんと共に
若木を植え始めました。
子供の代わりとして。
最初の年は、10本の若木
二年目は、 15本
三年目は、 20本
・・・・
雨が少なく
乾いて土ぼこりが立つ道路沿いに
木を植えていったのです。
そして
雨が降らない時には
遠くの井戸から
重い水を
ほぼ毎日のように運びました。

現在では約300本の大きな樹木となり、村の街道沿いに美しく並んでいます。今でも丁寧に自分の子供のように愛情を注ぎ、育てています。

彼女は、
20年前に名誉国民賞を受賞する前は
誰にも知られていない存在でした。
その後、100を超える数々の賞を受賞。
彼女の献身的な功績が認められたのです。

今では
彼女の名前のついた
 Saalumarada Thimmakka国際財団という組織まで出来て
インド中のイベントでの植樹の手伝いなど
大きく活動しています。
そして養

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました