スポンサーリンク

神の詩 第五章十節 4/7

その他
 神の詩 第五章十節  4「行動をブラフマンに捧げ、執着を捨てて行動する者は、蓮の葉が水に汚されないように、罪悪に汚されない。(十)」先に進みましょう。蓮は、泥沼の底に根を張り、泥水の中で育ち、葉を水面に出して、香り高い美しい花を咲かせます。泥の中に在っても、根からは清らかな水が吸収され、植物体には撥水の役割をする細毛があるために、泥水の中に在りながら、泥水に接していない状態が作られています。葉柄の中には、地下茎まで繋がる大きな穴が通っており、呼吸ができる通気組織として機能しています。根茎は、肥大して多節で、水の底の泥や堆積物の中に匍匐根茎を伸ばして安定した固着が出来る仕組みが作られています。そして、太陽の光を利用して、底地にある泥と水分からあの香り高い芳香を創り出す花を開花させます。開花後の花托にはたくさんの穴があり、その形が蜂の巣に似ていることから「蓮(はちす)」と名付けられ、転訛して現在「はす」と呼ばれるようになりました。蓮の種子は、生命力が強く、長さ約2cmの楕円球形で、発芽する力を長く保持できることが有名です。推定2000年前とされる種子から発芽した事例も報告されています。さらに、蓮にはさまざまな薬効があることも知られており、根、葉、花、果実、種子のすべてが薬草として使われています。これも詳細は「神の詩」第五巻に収録しておきましょう。続きます。精解 神の詩 聖典

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました