スポンサーリンク

段原監督の自宅は学校敷地内のサッカー部寮に隣接している 件

健康法
これはサッカーの監督として更迭しても、、、全く意味が無さそうです。隣接しているんですよ。 2014年度の全国高校サッカー選手権で悲願の初出場を果たすなど、サッカー部を県内有数の強豪校に育て上げた段原監督は英語科の教諭であり、今年4月からは教頭とほぼ同格の校長補佐に昇進。生徒指導などを束ねる要職にある。  サッカー部監督として残してきた功績を含めて、学校内ではアンタッチャブルな存在なのではないか。白井教頭に質問をぶつけると、こんな言葉とともに否定された。
「逆に立場がある人間ですから、なおさら重く(責任を)考えていると思います」  しかし、実際に考えているのは、いかにして秀岳館高にしがみつくか、だったようだ。学校側が強権を発動させ、段原氏を教員としても解雇した場合にどうなるのかを、前出の「週刊文春」の記事は中川校長のコメントを介してこう綴っている。
「本人も『解雇したら(不当解雇などの)裁判にかける』と」
 アンケート調査の結果、サッカー部内では過去2年あまりの間に少なくとも38件の暴力行為が確認されている。暴力の常態化を真っ向から否定した段原監督の発言もまた嘘だった。この点だけを取っても、指導者としても教育者としても失格だ。  しかも、自宅謹慎中といっても、段原監督の自宅は学校敷地内のサッカー部寮に隣接している。 監督ではなくなったといっても、校長補佐および英語

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました