スポンサーリンク

楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF 15銘柄」の活用法

内科医
おはようございます。
米国株・ETFを購入する時には約定代金の0.495%の買付手数料が必要ですが、取引回数が増えれば増えるほどこの手数料が馬鹿にならなくなってきます。
この買付手数料を節約可能なサービスとして、楽天証券では2020年から「買付手数料無料 海外ETF」サービスを実施しています。
今年度から対象銘柄が15銘柄へ拡大しさらに使いやすいサービスになりましたのでご紹介します。
楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF 15銘柄」の活用法
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF」サービスの概要
2. 対象15銘柄のうち新規追加された注目商品:QQQ、SPYD、VGT
3. アセット(資産)の分散という意味ではAGGとIYRもありがたい
以下1つ1つ掘り下げてみていきます。
 
1. 楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF」サービスの概要
ノーロード型の投資信託では買付手数料はかかりませんが、外国株・ETFを購入する時には所定の手数料がかかります。
手数料の金額は「1取引あたり約定代金の0.495%」です。
ただし、買付手数料の上限は22ドルと決まっていますので、一度に約4,500ドル以上の取引をする場合は金額が上がれば上がるほどお得になります。
 
具体的には以下の楽天証券のHPに掲載されている図が分かりやすいです。

手数料 |

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました