スポンサーリンク

学資保険とつみたてNISAはどちらを優先すべきか

内科医
おはようございます。
学資保険とつみたてNISAに関する以下のツイートが話題になっていました。
息子の学資保険解約して積立NISAに入れたいなーと思ったけど、それは旦那に反対された💦(積立NISAは了承してくれてる)学資保険はもし旦那が死亡したら払込免除になるし、うちは余裕ないんだからNISAとは別にちゃんと確保しておいたほうがいいと。わかるけど、積立NISAに入れたほうが…と思ってしまう💦
— しい🌼投資初心者🔰積立NISA🌏 (@shii_nisa) June 11, 2022
学資保険とつみたてNISAは全く異なるシステムですので、各家庭の事情によってどちらを優先的に利用すべきかは変わってきます。
そこで本日は、学資保険加入時に検討すべき事項と加入の是非について考えてみます。
学資保険とつみたてNISAはどちらを優先すべきか
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 学資保険は子どもの進学時に必要な教育資金を確実に用意するための保険
2. 学資保険の利回りは0.5%〜1.0%程度と考えておく
3. 「学費」にこだわる必要がなければつみたてNISAがよい
以下詳細を見ていきます。
 
1. 学資保険は子どもの進学時に必要な教育資金を確実に用意するための保険
学資保険は、子どもの進学時に必要な教育

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました