スポンサーリンク

用水路に流された母子死亡 柵から転落、石川・白山

健康法
 石川県警は19日、白山市森島町の用水路に流されて心肺停止となっていた男児と女性が死亡したと発表した。2人は野々市市の10代の小学生と30代の母親と確認された。  県警によると、事故は18日午後5時半すぎ発生。男児が用水路近くの高さ約1メートルの柵を登っていたところ、バランスを崩し転落した。母親は助けようとして用水路に入り、流された。用水路は幅約3メートル、水深約1メートル。  男児は長男で、用水路近くで次男と遊んでいた。家族3人で現場付近の母親の祖父母宅を訪れていたという。
 2人は搬送先の病院で19日未明に死亡が確認された。https://news.yahoo.co.jp/articles/5f7da989e97a67562d8af85322517a442929e286水流が速い用水路なら、、、水深一メートルでも怖いでしようね。つーか、、10代の小学生、、小学生未満なまだしも、、、5歳くらいの感覚、、、今は、意識の低年齢化なんでしょうか??ワタシは、、天王寺公園の茶臼山の河底池でよく遊びましたが、、柵の中には入らなかった。泳いで溺れ死ぬ話をよく聞いていましたからかなり警戒していた記憶はあります。幼少期に怖さを教えないと、、、ゲームのリセット感覚で平気になるんですかね?まぁ柵を登っている段階で、、止めなかったのもアウトです。こういう事故で用水路管理者が訴えられない事を望みます。

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました