スポンサーリンク

2022.6.19 父の日に寄せて【人類に欠かせぬ“父性”】

その他
2022年6月19日「“母性” “父性”という言い方(観念)がありますが、母性は比較的捉(とら)えやすいかもしれません。生命を産み、育み、守ること、命の源を生み出し、さらに伸長させることを、母性は司(つかさど)ります。母という存在が無ければ、無論、生命が産み出されることはありません。そしてまた、母性がなくば、生命を存続させることも難しいでしょう。その意味では、母、あるいは母性とは、人類にとりて何よりも欠かせない要素とも申せます。そしてまた、地球において、父性もまた欠かせません。では一体、“父性”とは何でしょうか。それは目に見える、見えざるとにかかわらず “均衡”を図るべく絶妙な要素となります。すべてを機能ならしめる、あるいは配置するべく“存在感”とも申しましょうか。無論、現実におこなう程度(=実際の行動の良し悪し)も大切です。ですが、父、あるいは父性というその存在(性質)は、絶妙に均衡(バランス)を保つことに寄与し、たとえ言葉にならずとも、やはりどの人にも少なからずの影響をもたらすのです。大きな意味での、父性というものが欠如した世は、どこかが“欠如”し、そして何かが“歪(ゆが)む”、非常に危うい世となります。人は、生命を維持していくためには、食物をはじめとした直接的な関与が欠かせません。しかしながら、人生という長き道程においては、その歩みを“存続させる”こともまた、けして軽んじるべ

リンク元

その他
スポンサーリンク
kamigami no messageをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました