スポンサーリンク

ハンドヒーリングによるモートン病と不整脈の改善

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

兵庫県在住のご夫婦。妻(50代)のHさんは、3、4年前から右足の中指と薬指のつけねのあたりに痛みが出現するようになりました。たまたま放送されていたテレビで自分の症状がモートン病と一致することを知りました。
ところで、”モートン病”とは足底から足指に向かう神経が、指の付け根の 靭帯() の下で慢性的に圧迫されて起こる神経障害のことです。足底から指先にかけてのしびれや痛み、灼熱感などの症状をきたします。こうした痛みの大きな原因は、中腰での作業やハイヒールを履き続けることによるつま先立ち状態の継続です。治療は、荷重をさけることから始まり、鎮痛消炎剤や湿布、塗り薬などがありますが、保存療法で治るのは3割程度だそうです。痛みが続けば手術もあるようですが、一般的ではないようです。つまり、一度なってしまうと難治性の症状と言えるでしょう。
 
話をもとに戻します。
Hさんは、平成28年1月にマインドパワー(ハンドヒーリング)に出会いましたが、当初はあまり真面目に使ったり施療所に通ってはいませんでした。平成29年11月の時点では、あまり変化を感じないということで、硬い地面を歩くと痛みがありました。
しかし、翌年から1年程毎週パワーの施療所に通い、定期的に施療を受けました。すると今年の3月の時点では、痛みのスコア(V

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました