スポンサーリンク

食事量が増えても糖尿病が改善!

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

糖尿病は、誰もが知っている病気でしょう。
日本人では糖尿病患者さんの約95%が2型糖尿病といわれ、「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルのみだれがおもな原因となって起こります。糖尿病の治療では、食事療法や運動療法が重要です。食事内容を改善したり、適度な運動を生活に取り入れたりしながら、インスリンや内服薬による治療を行います。
以上が現代医学における一般的な考え方ですが、もし、厳密な食事療法をせず、つまり食生活も楽しみながら、糖尿病の改善がはかれるとしたらどうでしょうか?
 
山口にお住いのYさん、72歳。昨年の6月に血液検査で2型糖尿病と診断されました。7月末から血糖降下薬(一般名:イプラグリフロジンL-プロリン錠)の内服を開始。あわせて1週間に1回の定期的なマインドパワー(ハンドヒーリング)の施療も併用なさっています。
すると、糖尿病の指標となるHbA1c(正常範囲 4.2~6.2%)の値が、10.8%(6/30)→9.9%(7/23)→8.2%(9/16)→6.5%(10/22)と順調に改善。11/22から血糖降下薬を1/2量に減らしました。
もともとお料理上手で食べることが大好きなYさん。順調に血糖値が改善してきたため、気持ちが少し緩んできてしまい、食事量が少

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました