スポンサーリンク

「日月神事の事」と「未来の事」について!

健康法
 先日、「日月神事のさわり」を少しだけご紹介しました。 ホウホウ自身も「日月神事の事」は、昔から興味があって、何冊もの関係本を読んで勉強しております。「日月神事」とは、「ある神様から岡本天明に降りた自動書記」であり、ものすごい量の自動書記量から沢山の本が出版されております。この自動書記の中には、「日本の将来の危機」を書いたものもあって、「子年を中心として前後10年間」に「日本の危機的な事が起こる」とも云われたものがあります。 「子の年」というのは、2020年の「子の年」か2032年の「子の年」か、どちらかだと思いますが、コロナが流行したのも2019年の終わりで、今は第3次世界大戦の前哨戦(ウクライナ・ロシア)も起きており、今が危ないとご指摘されるる方が多いです。(2008年の子の年はリーマンショック)このままいくと「2024年の辰年」くらいか「2025年の巳年」くらいに、日本で大変、大きな変化が来るとも云われております。 どんな変化が起こるかわかりませんが、「今の日本の政府」を見ていると、本当に日本は今、平和ボケをした「世界にお金を配るおひとよしの国」であって、今後の日本が不安になっております。(日本は借金が多いはずなのですが・・) 2024年には、新しく紙幣が全部、変わってしまいますので、その頃に、大きく「日本の金融のありかた」が変わるかもしれませんし、災害が起こってしまうかもし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました