スポンサーリンク

今こそ、清く正しく美しく、向き合おう。

医療機関
彼女と彼に初めて逢ったのは、
僕の大好きな大阪城が見える病室だった。
 
なぜかわからないが、彼らに出逢う前に、
僕とうちの保健師は、ミーティングルームに通された。
これまでの化学療法について、点滴について、
イレウス管(腸閉塞症状を緩和する管)について、
そして、予後について、お話を聴いた。
なぜか、彼女と彼抜きに、、、、、
 
清く正しく美しく、ない。絶対に、ない。
 
医療依存度を下げる、なんて、普通のことだ。
医療者だけが、普通じゃないと考えている。
 
点滴しながら、増えた胃液をドレナージしてる矛盾。
それを説明する時には、当の本人や家族が外される現実。
 
今だに、人の話を聴ける聴けない、よりもっともっと前の段階だ。
 
だから、僕はもう、そんなことの相手はしない。
正直、僕の残された時間も長くはない。
 
仲間と人生を楽しむために、
周りの仲間が幸せであるために、
そして、彼女や彼のために、
また、これから出逢う患者のため、
また、それが手にできず苦しむ市民のため、
僕は、医療依存度を下げることに、
真剣に本気で向き合うことにした。
 
 
 
あの日、あの大阪城が見える病室で、
こんな会話をしたことを想い出す。
 
はじめまして、タナカです。
こんなデブで

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました