スポンサーリンク

ADやACPの場面で守るべきは、会議ではなくリビングウィルだ。

医療機関
ある救命救急医が、深夜、往診をした。
呼吸状態の変化あり。往診を依頼された。
 
そこには、三歳の脳腫瘍の女の子。
 
 
彼女はとても可愛くチャーミング。
そして、ユーモアたっぷり。
更に頭のいいとこまでパーフェクト。
そんな風な話は聞いていたのだが、実は、
その救命救急医は、その子に会うのは2回目だった。
 
その救命救急医は、生命も救うが、人生も救う。
そんな使命に突き動かされる情熱的なドクターだ。
 
そんな彼が、彼女を見た瞬間、何を感じたか。
 
ここからは僕の想像だ。
いろいろな意見は百も承知で、
あえてここに記録しておく。
 
 
 
あ、、、、あと数時間の命だ。
病院に搬送すると、そのまま、
そこで命が終わる可能性が高い。
どちらにせよ、命の終わりはもうそこだ。
では、彼女や彼女の家族の人生を救おう。
そこに対する責任を背負う覚悟がいる。
どうだ、、、?背負えるか、、、?
いや、救命救急医ならば、
そして、医者であるならば、
背負わなければならない。
内科医だとか、小児科医だとか、
今は、そんなことは関係ない。
会議をしている暇はあるか?いや、無い。
プロセスは言い訳であり、結果に対する責任からの逃げ。
じゃあ、どう応えよう?!
普段はスピードとタイミングを信条とする。

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました