スポンサーリンク

今日を変えよう。それしか出来ないのだから。

医療機関
酒井くん。小4の時、小児麻痺で走るのが遅かった。
タナカも、ぽっちゃりで塾通いのおとなしい少年。
学校では、いつも酒井くんと過ごした。
小学5年生の時、酒井くんは養護学校へ。
それを知ったのは、中学生になった頃。
 
転校続きだった小学生時代。
4年生の一番寂しかった時、酒井くんがそばに居てくれた。
酒井くんの苦しみを聴けたわけでもない。
酒井くんの寂しさを紛らわせれたわけでもない。
 
彼と、一緒に居ただけ。彼が、一緒に居てくれただけ。
正直、酒井くんは僕の寂しさを紛らわせてくれた。
僕は、彼と走るのが同じくらいの速さだっただけ。
それだけで、自分勝手に親友だった。
僕は、養護学校へ行ってしまう彼を救えもしなかった。
 
それでも、彼は僕と一緒に居てくれた。
だから、僕は学校が寂しくはなかった。
不登校にならずに済んだ。
彼が一緒に居てくれたから。
 
 
どこまでもいっても、今の僕では当事者になれない。
でも、当事者がいてくれるから、今の僕がある。
そばにいる努力を、これからも、そして、今日も、続けたい。
酒井くんは元気でいるかな。。。
今なら、もう少し、僕でも役に立てるかな。。。
 
 
今日を変えよう。
それしか出来ないのだから。
良かったら聴いてください。
 
[youtube https:

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました