スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 15

その他
 神の詩 第五章十二節 15「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。心の作用1:正知(プラマーナ)(正しく優れた知)正知によって神の存在を認識出来ないにも関わらず、神の臨在を確信することは出来るのです。自分が実際に体験したこと、そこから洞察したことを、聖なる叡智の中に見出すことはとても価値あることになります。ヨーガでは、この正知も最終的には、止滅させることになります。それは正知を知らなければ驚くことかもしれません。なぜ正知まで捨ててしまうのかを説明しましょう。ある人が、聖者に質問しました。「神は本当にいるのでしょうか?」聖者は答えます。「神は存在する。」さらに質問します。「それは証明できますか?」聖者は答えます。「神は存在する。それを私は知っているから、証明する必要はない。あなたは神を知らない。だから証明してほしいと言う。でも、あなたが神を知った時、もはや証明してほしいとは思わないだろう。」正知という心の働きも同じことです。つまり、完璧な理解の後では、必要なくなるのです。究極の神を体験した後では、正知の知覚と洞察と聖典の言葉は、もはや必要がなくなります。この正知を深めるには、体験した出来事に対して、原因と結果の繋がりを注意深く洞察することと、毎日聖典

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました