スポンサーリンク

≪私の記録 110≫ 主治医の印象。デポ注射 10回目。

    2007年9月30日(日)今日、ショッピングセンターの入り口で主治医に会った先生は出入り口の前にファミリーカーを停め、大量の食料品を積み込んでいたそれに気づいたのは、一緒にいた私の彼氏彼は先生に2度しか会っていない1度目は、私の手術の前日カンファレンスルームで手術に向けての説明を聞いたとき2度目は、病室でほんの一瞬会っただけなのに、「私服姿の主治医によく気がついたなぁ...」と思ったそして勘ぐった「私の病気のことで、 私の知らないところで 先生と密会しているのではないか...」それは、たとえば、“私が末期で、今後のことを話し合っている...”という妄想ジーンズ姿の先生は、ちょっと腰ばき白衣姿(先生はいつも緑の手術着を着ていた)より、相当若く見えた  後日、病院のHPで実際に若いことを知り、  かなりの衝撃を受ける私が入院していたとき、先生は朝から晩まで手術をして本当に忙しそうに見えたけど、こうして家族で買い物に来ることもあるんだな...しかも、家族と一緒に食料品の買い物につきあうなんて、見た目より家庭的なんだな...今まで、「先生はコワい」と思っていたので、 (見た目や口調がけっこう怖い印象だった)私的な部分を垣間見て、意外と優しいのかも...と思ったこれで少し悪い印象(?)が取れて、気楽になれたかな    2007年10月2日(火)デポ注射 10回目9月12日にみつけた、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました