スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 17

その他
 神の詩 第五章十二節 17「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。心の作用3:錯覚(ヴィカルパ)「実体がなく、単に言葉だけを聞いて生ずる心象は、言葉と概念による錯覚である。」ヨーガ・スートラ第一章九節誤解には、対象となるものが存在し、その認識が間違ってしまうことで発生しますが、錯覚はその実態すら存在しません。言葉から妄想が拡がった結果、心に印象が生じてしまう状態です。私たちは見たことのないものや体験したことの無いものも、ある程度は言葉で理解することが出来ます。でも、そこにフィルターがかけられると、実像から離れた虚像が形成されていきます。現代社会では、SNSによるコミュニケーションが発達した結果、言葉による錯覚で人間関係が悪化する事象がよく起こるようになりました。言葉は、発信した人の言葉がその思い通りに読み取られることはなく、読んだ人の心の状態に応じて解釈が変化してしまうからです。世界各地の聖典では、比喩的な表現がとても多く見られますが、そこに出てくる表現は、本質を理解できない限りは、錯覚しか認識されません。続きます。今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。人気ブログランキング
Source: ひかたま

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました