スポンサーリンク

“生き急ぐ”。

その他
がん告知を受けたとき、見えない未来ばかりを想像していた「いつまで生きられるかわからない」「いつまで生きられるのだろう」でも、がんになってしまったものは仕方がない過去にも戻れない...と、いつしか現状を受け入れはじめる先を見ればきりがないどうなるかなんて誰にもわからないならば、『“今”を生きる』後悔のないように、精一杯、一瞬一瞬を生きてゆくきっと、それでいい  がん告知を受けて、  頭のどこかに、  「再発するかもしれない」  「いつまで生きられるかわからない」  そんな思いを抱いていた彼女  やりたいことをやり、  行きたいところに行き...  が、ひとに、  「そんなに生き急がなくていいんじゃない?」  そう言われた  「生き急ぐ?」――  それから彼女は、  その言葉に縛られたように悩んでいた  がんになったことで抱く、  “再発の不安”や“死”  それはがん告知を受けた人なら、  誰もが経験したと思う  人生一度(ありきたりな言葉だが)  ならば貪欲に生きていいと、私は思う  それはなにも、  「生き急ぐ」のではなく  きっとそこには、  “充実”という生き方があると思うのだ  自分らしく、  その人らしく  やっぱり後悔はしたくない  夕方、うっすらオレンジ色の空  そして今夜は上弦の月  今にも  空の青に溶けてしまいそうな昼の月と...  漆黒の闇に光る夜の月  乳がん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました