スポンサーリンク

エネルギー療法による睡眠時無呼吸症候群の克服!

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome : SAS)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あるとSASと診断されます。
睡眠障害により日中の過剰な眠気を引き起こし、高血圧、虚血性心疾患、脳血管障害などの身体合併症を効率に引き起こすほか、うつ病や認知症との関連性も報告されています。呼吸が止まると、脳が呼吸をさせようと命令を出すため、しっかり眠っているつもりでも、深い睡眠を得ることができず、眠りが中断され、質の良い睡眠を得られません。治療法は、CPAP(シーパップ)という鼻に装着したマスクから空気を送ることで一定の圧力を気道にかけ、呼吸を確保するものです。
現代病とも言われる睡眠時無呼吸症候群(SAS)。生活環境の変化、特に食生活の欧米化に伴い肥満も増え、日本でも治療が必要な重症患者さんは300万人以上にのぼるとされています。その一方でCPAPによる治療を受けている患者さんは20数万人程度しか満たないそうです。
私の友人もSASがあり、夜間はCPAPをつけて寝ていました。CPAPを装着していないといびきがうるさく、CPAPも機械音がするため、一緒に眠る家族も気になって充分眠れ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました