スポンサーリンク

「宮司さん」や「巫女さん」そして「私達」の霊障について!

健康法
 神職である「宮司さん」や「巫女さん」は、霊障をもらわないのでしょうか? 「答え」としては、知らず知らずに、普通に霊障をもらう事があります。しかし「宮司さん」や「巫女さん」の中でも、日々、勉強、鍛錬して、真面目に「自分自身に邪気を溜めこまないで修行(浄化)している方」は、霊障をもらいません。 要は、「神職の仕事」を心から自分自身で愛して、尊敬してて、「自分の中には凄い力がある!」「祝詞や経典のパワーは素晴らしいものだ!」と心から信じきっている神職の方は、信者の「霊」を簡単に落とし、家や会社に「光」を入れてくれます。そしてそんな神職の方の「守護霊様や指導霊様のパワー」も強力なものでしょう。 冬でも「水行をやってる神職の方」を知っていますが、自分の職業を「神様から与えられた職業」と信じ、自分自身で認められております。神職の方は、白の服装が多いのも「すべてのパワーをはねつける!」という意味もあります。(ドクターなんかもそう)又、金や紫の服装も「波動が高いカラー」であり、神職様を守るカラーです。巫女が白と赤の服装なのも、「赤は魔除けカラー」ですので、すべてをはねつけて、自分を守る服装なのでしょう。 「古代の神様」は勾玉や首飾りをよくつけているのも、神様だって、お守りをつけて、自分自身を強力に守りたいからです。「霊」や「妖怪」、「鬼」は、相手にスキを与えて、「そのすき間」から相手をやっつけて

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました