スポンサーリンク

第26回 日本病態栄養学会の感想[2] 食品交換表の問題点

健康法
【この記事は 第26回 日本病態栄養学会 年次学術集会に参加したしらねのぞるばの 手元メモを基にした感想です. 聞きまちがい/見まちがいによる不正確な点があるかもしれませんが,ご容赦願います】

合同パネルディスカッション4:1000万通りの個別化栄養療法の構築に向けて

今回の日本病態栄養学会参加は,ほとんどこの講演を聞くことだけが目的でした.この学会で講演したことは,ほぼ次回の日本糖尿病学会の予告編になっているからです.耳をダンボにしてみっちりと聴きました.

(C) bonbon

【4-1】糖尿病食事療法のための食品交換表の活用における問題点

冒頭の順天堂大 綿田先生の基調講演の概要です.綿田先生は,日本糖尿病学会の食品交換表策定委員会の委員長であり,次回改訂の責任者です.

まず 現行の第7版 食品交換表[2013年 発行]の問題点を総括しました.


食品交換表は 2013年の第7版から既に10年も経過している.

2020年には 文科省が発行する日本食品標準成分表が7訂から8訂版に改訂された

したがって,現在 食品交換表と日本食品標準成分表とでは 食品の栄養成分表示に乖離がある.

食品交換表は 食材を購入して自宅で調理することを前提にしているので,現在増えてきた 中食・外食には対応しきれない.

そして,もっとも問題な

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました