スポンサーリンク

医者のザイタク教育って、いつからが良いんだろう?

医療機関
医療(行為)に依存してるのは、もしかして、医者?!
 
研修医と訪問に回ると、いろいろが見えてくる。
 
先生、検査は無いんですか?!
先生、点滴とかしないんですか?!
先生、酸素は?!輸血は?!
先生、お風呂なんで入れるんですか?!
先生、患者さん今何が起こってるんですか?!
先生、家族とたくさん話すんですね?!
先生、患者さんのお話されるの待つんですね?!
先生、在宅でこれは一体どうなってるのかわかんないんですけど。
 
ザイタクで暮らす患者さんは、いつも通り暮らしている。
ニコニコ笑顔の日もあれば、家族と喧嘩した日もあったり、
ちょっと病気のせいもあってしんどい日や痛い日もあって、
それでも、『ありのまま』でいられるお家が大好きで。
 
もちろん、時と場合によっては、
医療も大切なんだけど。。。。
その前に大切なことは、ザイタクで、
『ありのまま』に暮らしているってこと。
 
 
 
ザイタク医療を知ってもらうには、
やはり、医学生の頃の方がいいのかも。。。
語弊を恐れず言うと、医者になって病院で学ぶと、
いつの間にやら医者の医療依存度が高まっちゃう???
これは否定できない事実のようだ。。。。
 
さあ、皆さん、医者のザイタク教育、
いつから取り掛かるのが良いでしょう?!((笑))
 

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました