スポンサーリンク

いつの日も君となら喜劇さ。

医療機関
人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ。
世界の喜劇王 チャーリー・チャップリンの言葉だ。
 
 
この言葉、僕は昔から大好きだ。
 
目の前のことは、時に悲劇に思いがちだが、
それは一時の感情で、『災い転じて福となす』の精神で、
なんでも一生懸命に向き合い取り組んで、
後から振り返れば、喜劇にしてきた。
 
 
 
今回の相続問題の悲劇は、きっと後から見たら
喜劇にできてるだろう。いや喜劇にしてみせようじゃないか。
 
 
「こんな事があった」って、君と話したかったんだ。
どんな事があったって、君と話したかったんだ。
いつまでも君となら喜劇よ。ふざけた生活は続くさ。
一人リカバリーの日。ちょっと計画いろいろ練るために実験してみた。
半日あれば、いろいろしても、500キロくらいは楽勝だった((笑))
今回の相続の根源、祖父のルーツを巡るお一人様逃避行はかなり有意義だった。
何でもやっぱり喜劇がいい。良かったら聴いてください。
 
 
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=D_Oyplmhhv0?feature=oembed&w=728&h=410]
 
 
毎日読んでいただき感謝申し上げま

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました