スポンサーリンク

C型肝炎を治療した後の肝臓がん

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!          みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です前回の記事の岩本内科の山口院長先生が司会し、私が話をする講演会、うまくいきましたWebでの講演でしたお話した内容は、C型肝炎に関する肝臓がんのお話これまでの肝臓がんの原因の1位だったC型肝炎これは、いま、ほぼ100%治癒させることができる時代になっています抗ウイルス薬の開発により、C型肝炎ウイルスを人類は克服したのです日本では、数十万人の方が、C型肝炎ウイルスで病院にかかっています病院にかかっている方は、多くの場合、抗ウイルス薬で治療されている状態と考えられますですが、C型肝炎にかかっているのは知っているけど病院には行っていない方や、かかっているのに気づいていない方というのも、数十万人おられるということも分かっていて、これらの方々にいかにC型肝炎の治療を受けて頂くかが一つの課題ですそういう点において、地域のクリニックは非常に重要な役割を果たします普段、あまり病院にかからない方でもちょっと調子が悪くなって受診されるのはクリニックですまた、会社の健診とかで、異常を指摘されたときに受診するのも近くのクリニックの事が多いですその受診の際に、肝障害がある

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました